XMの利用を検討している方の中には、「XMが顧客の資産をどう保護しているか」が気になる人も多いのではないでしょうか。

それに関してネットで調べてみると…

「XMの資産は、イギリスのバークレイズ銀行にあるから安心!」
「さらにAIG保険に加入しているから、顧客の資産は100%返金可能!」

と解説しているサイトが多いです。

ところが2019年7月現時点では、XMTrading公式サイトはバークレイズ銀行のこともAIG保険のことも書いていません…

これらの真相は一体どうなっているのでしょうか。

今回はそういった疑問を払拭すべく、XMTradingに問い合わせ結果をもとにXMの顧客資産保護の真相を解説します。

それでは見てきましょう。

XMの信託保全・分別管理の真相

XMの信託保全について問い合わせた
XM公式サイトのよくあるご質問には、「私の資金は安全ですか?」という質問があり、それに対して以下の回答がされています。

XMの金融ライセンス

「お客様のご資金は当社が用意する銀行口座へ移管され、分別管理されます。」

「お客様のご資金および当社の運転資金は定評ある優良金融機関に預託しています。」

何やら、優良な金融機関で分別管理しているそう・・・

あいまいな表現でイラっとしたので、チャットで直接質問してみました(笑)

XMの信託保全について

公式サイトの回答によると、信託保全しており、欧州の優良銀行にて分別管理しているらしいです。

一度まとめておきましょう。

公式サイトの回答
  • XMの資金と顧客の資金は分別管理(信託保全)をしている
  • それらは欧州優良金融機関の信託口座にて管理している

信託保全と分別管理が分からない人のために、二つの違いを簡単にご紹介しますね。

XMがしている分別管理とは?

分別管理とは、顧客の資金をXMの運営費用と分けて保管する管理方法の事です。

日本の金融庁管轄下では当たり前な分別管理ですが、海外のFX会社の中には分別管理を明記していないFX会社も存在します。

資金管理の最低ラインにあたりますね。

さらに、その分別管理の方法が3種類あります。

3つの分別管理方法
  • 信託保全口座で保管
  • 他の金融機関口座で保管
  • 運営費用とは別管理だが社内で保管

この内、一番上の「信託保全口座で保管」というのがXMが取る分別管理法。

XMがしている信託保全とは?

分別管理の3つの方法を図で解説すると以下のようになります。

信託保全の枠組み

下の2つ(他の金融機関口座で保管と社内で保管)については、FX会社が破綻した場合に顧客資金が差し押さえられる可能性があります。

ですが、一番上の「信託保全口座で保管」という方法であれば、FX会社が破綻した場合でも顧客資金が差し押さえられる事はありません。

つまりXMに預けている資金は安全であり、万が一破綻したとしても全額まもられるという事。

先ほどのチャットにも「全額安全」と書かれていますね。

XM顧客の資金は全額安全

では、ネット上によく書かれているバークレイズ銀行とAIG保険加入についてはどうなのでしょうか?

見ていきましょう。

XMのバークレイズ銀行による分別管理とAIG保険加入について

XMのバークレイズ銀行とAIG保険加入にいついて

ここで重要なポイントは、どこの金融機関に預託されているかということです。

実際、バークレイズ銀行やAIG保険に入っているとは掲載されていないので、信頼度の低い銀行なら心配ですよね。

そもそも、バークレイズ銀行での分別管理とAIG保険といいうのはXMがキプロスの管轄下だった時の話です。

XMは元々キプロス管轄下

私たち日本人が日本で口座開設する際に、使うのはXM Tradingというサイトです。

XMの公式サイト

ご存知の方も多いかと思いますが、もう一つXM.comという会社もあります。

以下XM.comの公式サイトですが、ほとんど同じに見えます。ロゴだけ違いますね。

XM.comの公式サイト

※引用:XM.comの公式サイト

このXM.comでは、バークレイズ銀行とAIG保険に入っていることが公表されています
バークレイズ銀行、AIG保険について

※引用:顧客資金の安全性|XM.com

このXM.comとXMTradingの関係性についてXMTradingに問い合わせた結果、「XM.comとは別会社」であることを伝えられました。

一方、XM.comに問い合わせた結果「XMTradingはグループ会社」だと伝えられました。

なぜXMTradingがこのように別会社であることを主張するのかというと、ライセンスが関係しています。

元々XMは日本人口座も欧州口座も、同じキプロスで一括管理していました。

キプロス金融庁に「日本人向けの営業はやめろと」言われてしまったので、日本人向け口座はセーシェルの管轄下でおこなっています。

キプロス金融庁への圧力

つまり、、、

問題は我々セーシェルの口座でもバークレイズなのか?AIGに入っているのか?

実際にサポートに詰め寄ってきたので、結果をご紹介しましょう。

バークレーズ銀行ではない?

2019年6月上旬に、以下の内容について問い合わせました。

XMの欧州優良銀行

意地でも教えてくれません・・・

これは分別管理自体も怪しいなと感じ、契約条件を確認して見る事に。

しかし顧客との契約条件はXMの公式サイトの「契約条件」にしっかり記載されていました。

XMの契約条件

57. CLIENT MONEY AND ASSETS
57.1 Without prejudice to the provisions of the immediately preceding Section of this Agreement, all Assets (including, without limitation, cash, or only in those instances in which we may agree otherwise, other assets, such as collateral (by which we mean investments, securities, bonds or any other financial instrument, property or asset acceptable to us in lieu of cash) handed over by you to us, or which we hold on your behalf for the provision of our Services ("Client Money"), will be held in an account with an approved bank and will be segregated from the Company's funds. Your Client Money may be pooled with the funds of other clients in a general omnibus account.

approved bank:認可された銀行、公認銀行

segregated:隔離された

omnibus account:オムニバス口座(顧客資金をまとめて管理する口座)

公式サイトで公開されている契約条件は英語版しかないので、日本語訳した契約条件を下に記載します。

日本語訳

57.顧客資金と資産
57.1この契約で前述した規定を害さない限り、すべての資産を承認された銀行に保管し、企業の資金とは隔離された口座に保管されます。
あなたの顧客資金は他の顧客資金と一緒にオムニバス口座に蓄えられます。

内容をみてみると「第三者の優良銀行にて顧客の資産を分別管理していること」が約束されています。

つまりヨーロッパ政府の管理水準をクリアできている公認銀行によって、XMの顧客の資金が守られているということが分かりました。

ここまで言われると、バークレイズって言えばいいのでは??と思いますが、事情があるのでしょうか。

続いて、AIGについても見ていきましょう。

AIG保険の情報は開示できない

次にAIG保険についてライブチャットで問い合わせてみました。

その後、担当者から送られたメール文章は以下です。

お世話になっております。先日は日本語ライブチャットへご訪問をいただきありがとうございます。担当部門よりの回答がございましたのでご案内申し上げます。回答までお待たせいたしましたこと、お詫び申し上げます。

AIG保険については弊社方針により開示する事ができません事を確認致しました。

お客様のご資金に関しては最優先の配慮がございまして契約条件57.1に記載の通り欧州の優良銀行にて、完全分別管理をしております。そのため、お客様の資金を弊社資金として扱うことは一切ございません。分別金額には上限ございませんので、お客様残高は全額安全です。

よくあるご質問「私の資金は安全ですか」:https://www.xmtrading.com/jp/faq (以下)もご一読下さいませ。

上記の回答をいただきました。

つまり、AIG保険加入については開示できないけど、欧州の優良銀行にて分別管理が完全にできているから、上限なく全額安全ということです。

・・・結局、上手に濁された形になりましたね(笑)

ここまでを一度まとめておきましょう。

資金管理まとめ
  • 日本人顧客の資金は欧州優良銀行の信託口座で信託保全(分別管理)されている
  • その欧州優良銀行がバークレイズかは言う事ができない
  • AIG保険に入っているかも言う事ができない

上記のようにXMは情報開示に制限があるのですが、私は安全性に問題ないと考えております。

理由は、金融ライセンス。

日本人が使う口座はセーシェルライセンス、親会社はキプロスライセンスを取得しており丁寧です。

詳しくは、記事「XMの金融ライセンスはセーシェルだが安全?日本金融庁未登録の理由とは」を参照ください。

自分の資金を守るための対策

XMの安全性対策今までXMの分別管理について解説しました。

しかし人気度が高く利用者が多いとはいえ、まだXMの資金管理に不安を感じる人もいるかもしれません。

そんなあなたには、自分でできる資金管理方法を紹介します。

自分で対策をとることが一番安心できる方法かもしれなませんので、早速実践してみましょう。

利益を放置しない

自分の資金を守りたいならFX口座に利益を放置するのはやめましょう。

具体的には、「有効証拠金が200万円以上になったら出金する」などと自分ルールを決めておくことがおすすめ。

ちなみに有効証拠金が200万円以上になると、レバレッジ制限がかかるので注意してください。

XMでレバレッジ制限?888倍のルールと変更・計算方法を5分で解説

ですのです、あくまでFX口座にはトレード資金だけ入れておくことを念頭におきましょう。

XMの信託保全・分別管理についての結論まとめ

XMの信託保全

今回は、XMの分別管理に関する真相を解説しました。

今までの内容をまとめると、以下のとおりです。

XMの分別管理まとめ
  • 顧客の資金は分別管理を実施している
  • バークレイズ銀行ではなく、欧州の優良銀行で分別管理をしている
  • AIG保険については開示できない
  • ライセンス取得等の安全面はばっちり

今回の内容で、XMに少しでも興味が湧いた方は、以下からXMの詳細をご確認ください!

XM評判検証!迷っている方に伝えたいXM歴5年が語る真実とは

まだ、迷っていますか??

あなたはFX口座に何を求めますか??

もしあなたが優秀な取引環境を求めるなら、XMで始めるべきです。888倍のレバレッジとゼロカットシステム、金融ライセンスと顧客資金管理においてXMの右にでる海外FX会社はありません。

まずは口座開設ボーナス3000円で、XMの取引環境を体感して下さい。

入金不要・無料で取引できます。

100万人以上の日本人が登録する、最大手FXブローカーXMではじめましょう。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

TwitterでXMや海外FXの最新情報を受け取ろう

XMが選ばれる3つの理由
XMの評判について
評判が良い
XMの評判・口コミは良く、9年の運営歴、金融ライセンスなどの安全性に対する評価はダントツです。
XMのボーナス
ボーナスが豪華
3000円の口座開設ボーナスや100%入金ボーナス等の制度が充実!!少額でも問題なく投資できます。
888倍のレバレッジ
XMの一番の特徴は最大888倍のレバレッジ。海外FX会社の中でも破格のレバレッジを提供しています。