XMはNDD方式を採用しています。

そもそもDDやNDDという単語がよくわからない方、これらはFX会社における取引形態を表しています。

NDD方式であること、それは透明性の高い取引を保証するということです。

この記事では、DD方式とNDD方式の違いから、XMがNDD方式であることのメリット・デメリットまで解説していきます。

DD方式とNDD方式の違い

DD方式とNDD方式の違い
そもそもDD方式とNDD方式って何なのでしょうか?

まずは、DD方式から見ていきましょう。

DD方式とは

DD方式とは

DD方式は「Dealing Disk」の略で、トレーダーとインターバンクの間にディーラーが介入します

※インターバンクとは、銀行間の取引を行う取引上の事。ドルと円を交換したりしてるところです。

あなたの注文をインターバンクに流すかどうかはディーラーの判断で決まります。

ディーラーの判断
  • そのままインターバンクに注文を流す
  • 注文を流さずに呑む

それでは、このディーラーの判断がどのようにFX会社に利益を生むのか見ていきましょう。

インターバンクに注文を流す場合

トレーダーの注文通りに価格が動くと予想し、インターバンクに注文を流した場合。

この時、価格通りに動けばトレーダーは利益を得、反対に動けば損失を被るだけで、FX会社に一切損益は生じません。

強いて言うのであれば、インターバンク市場に流す際に必要となる手数料のみ。

ですが、この手数料はトレーダーからのスプレッドで回収できます。

注文を流さずに呑む場合

トレーダーの注文と反対に価格が動くと予想し、注文を流さない場合。(これを「注文を呑む」と言います。)

この時、注文と反対に動けばトレーダーの損失はFX会社の利益になり、注文通りに動けばトレーダーの利益がFX会社の損失になります。

どんな注文も呑んでしまっていては、トレーダーが勝った場合のFX会社の損失が大きくなるだけ。

ですから、トレーダーが負けそうな注文にのみ、流さないという選択をします。

このDD方式をとるFX会社が一番利益を生む事ができます。

顧客が負ければ儲かるDD方式

DD方式は、トレーダーが負ければ負けるほどFX会社の利益が増えていく事はお伝えしました。

そこで、DD方式のFX会社では、故意にトレーダーが負けるような仕組みを作っていると噂されます。

勝ちそうな注文を拒否(約定拒否)

約定タイミングをずらす(スリッページ)

損切までレートを動かす(レート操作)

DD方式はこれらの行為をする事で利益を出しているので、スプレッドを広くする必要がありません。

国内FX会社が狭いスプレッドを提供できているのは、DD方式を採用しているからです。

続いては、XMを筆頭に多くの海外FXが採用しているNDD方式について。

NDD方式とは

NDD方式とは

NDD方式は「Non Dealing Disk」の略で、トレーダーとインターバンクの間に一切ディーラーを介しません。

つまり、トレーダーの注文は全てインターバンクに流れます。

NDD方式の利益は、トレーダーがトレード毎に支払うスプレッドのみ。

言い換えれば、スプレッドからしか利益を得る事ができません。

薄利多売ってやつです。

NDD方式はスプレッドが広い代わりに、約定拒否やスリッページの可能性を排除した透明な取引環境を提供しています。

ここまで説明してきたDD方式とNDD方式の違いを、簡単にまとめて見ましょう。

DD方式とNDD方式の違い

DD方式NDD方式
スプレッド狭い広い
取引環境不透明透明

スプレッドが狭い/取引が不透明なDD方式。

スプレッドが広い/取引が透明なNDD方式。

DD方式を全面否定するつもりはありませんし、スプレッドの狭さは魅力的です。

「FXで勝ち続けた時の出金リスクを考えると、NDD方式を選ぶべき」と言うのが私の見解です。

ここからは、実際にNDD方式を採用するXMのデメリット・メリットを見ていきます。

まずは、デメリットから。

XMがNDD方式であるデメリット

NDD方式のデメリット:スプレッドが広い

XMがNDD方式を採用するが故のデメリットは、スプレッドの広さ

国内FXのDMMFXと比較すると、XMのスプレッドの広さは明らかです。

XMDMMFX
ドル円1.60.3
ユーロ円2.50.5
ポンド円3.31.0
豪ドル円3.30.7
ユーロドル1.70.4
ポンドドル2.11.0
豪ドル米ドル1.90.9

上記のようなスプレッドの広さから、XMはスキャルピングには不向きだと言えます。

続いてはXMのメリットについて見ていきましょう。

XMがNDD方式であるメリット

DD方式のメリット:取引が透明

私がXMを6年以上も使い続けている理由は、取引の透明性にあります。

これまでXMより低スプレッドな他会社に手を出したことは何度もありますが、やはりスリップページや約定拒否に悩まされました。

XMでは、スリップページや約定拒否が一切ありません。実際に、SNS上にもそのような噂がでていないことからも分かりますよ!

XMにおける取引の透明性という魅力は約定力を見ることで、他会社との差が明らかになります。

XMAXIORYTitanFX
約定力(執行率)100%99.84%99.70%
約定率99.35%99.00%99.32%
約定スピード
(平均)
0.336秒0.326秒0.450秒
約定スピード
(最高)
0.277秒0.298秒0.266秒

ここで比較したAxiory・TitanFXは共に海外FXの中でも約定力の高い会社。

しかし、XMはその2社をも凌駕する約定力を備えています。

スプレッドの広さを差し置いて、この圧倒的な約定力こそ、圧倒的な人気と使い続けるトレーダーが多い理由です。

それでは、実際にXMのNDD方式がどのように利用者に影響を与えているか見ていきましょう。

XMのNDD方式に集まる口コミ

XMのNDD方式の口コミ
XMは人気No.1のFX会社なだけあって、SNS上に様々な口コミが見つけられます。

それでは、XMに集まる口コミを見ていきましょう。

スプレッドの広さはやはりデメリット

やはり、XMのスプレッドの広さには手を焼くトレーダーも少なくありません。

私も始めたては何度やめようと思ったことか。

もちろんスプレッドが広い事は事実であり、スキャルピングメインのトレーダーにXMを進めることはできないでしょう。

では、どのように向き合うべきなのか?

デイトレスイング向け

XMのスプレッドと上手く付き合うのであれば、デイトレードまたはスイングトレードを行うべきです。

また、口コミにもあるようにXMはスワップポイントが優れています。

スイングトレードを行うことで、スプレッド分をスワップポイントで補うことだって可能。

詳しくは記事「XMのスワップポイントは稼げる?人気通貨ペアを比較してみた」を参照ください。

群を抜く「取引の透明性と約定力」

スプレッドの広さは、トレードスタイルを変えるだけで、トレードへの影響を抑えることができます。

一方、取引の透明性や約定力に関しては、FX会社次第であり、トレーダーはどうすることもできませんね。

つまり、たとえスプレッドが高くても、群を抜く「約定力と信頼の高さ」に魅力を感じるトレーダーが多いのは明らかです。

もし、あなたがXMのNDD方式に魅力を感じるのであれば、是非XMを利用してみてはいかがでしょうか。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

その他、XMの評判・口コミは以下の記事にまとめてあるのでご覧ください。

XM評判検証!迷っている方に伝えたいXM歴5年が語る真実とは

まだ、迷っていますか??

あなたはFX口座に何を求めますか??

もしあなたが優秀な取引環境を求めるなら、XMで始めるべきです。888倍のレバレッジとゼロカットシステム、金融ライセンスと顧客資金管理においてXMの右にでる海外FX会社はありません。

まずは口座開設ボーナス3000円で、XMの取引環境を体感して下さい。

入金不要・無料で取引できます。

100万人以上の日本人が登録する、最大手FXブローカーXMではじめましょう。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

TwitterでXMや海外FXの最新情報を受け取ろう

XMが選ばれる3つの理由
XMの評判について
評判が良い
XMの評判・口コミは良く、9年の運営歴、金融ライセンスなどの安全性に対する評価はダントツです。
XMのボーナス
ボーナスが豪華
3000円の口座開設ボーナスや100%入金ボーナス等の制度が充実!!少額でも問題なく投資できます。
888倍のレバレッジ
XMの一番の特徴は最大888倍のレバレッジ。海外FX会社の中でも破格のレバレッジを提供しています。