ヒストリカルデータとは、過去の値動きを示したデータのこと。

初心者には聞きなれない言葉かもしれませんが、特に自動売買利用者にとってはとても重要なデータです。

ヒストリカルデータはMT4/MT5から簡単に入手できるので、XM利用者は誰でも入手できます

それでは、ヒストリカルデータの用途・取得方法・削除方法を紹介していきますよ。

ヒストリカルデータの2種類の使い道

XMのヒストリカルデータの使い方

過去の値動きだけを示したヒストリカルデータには、以下の2種類の使い道があります。

ヒストリカルデータの使い道
  • トレンド分析
  • EAのバックテスト

2種類の使い道についてそれぞれ補足していきます。

トレンド分析

ヒストリカルデータは一切加工のない純粋な過去の値動きを示したデータです。

必ずしも過去のデータ通りに値動きするわけではありませんが、間違いなく過去のデータは予測に役立ちます。

ヒストリカルデータは10年以上前のデータまで集めることができるため、分析するに十分なデータ量です。

あなたが普段トレンド分析に使っているフィボナッチ・RSI・移動平均線などインディケータ全て、ヒストリカルデータを分析して生まれました。

つまりヒストリカルデータを使った分析ができれば、独自のインディケータやトレードパターンを生み出すことができるわけです。

EAのバックテスト

ヒストリカルデータを利用する目的で一番多いのは、EAなど自動売買ツールのバックテストでしょう。

新しいEAを利用する前に、過去何年分かの値動きでそのEAがどれだけ有効なものかの確認が必要です。

それをバックテストと呼び、バックテストを行うことでより高精度なEAを見つけることができます。

それでは、実際にXMのMT4/MT5でヒストリカルデータを取得する方法を解説していきますよ。

ヒストリカルデータ取得前の準備

ヒストリカルデータ取得の前準備

ヒストリカルデータを取得する前にMT4/MT5でヒストリー内の最大バー数を設定しておく必要があります。

この最大バー数が多ければ多いほど、過去のチャートまでさかのぼることができるので、長期のヒストリカルデータを入手するには必要な作業です。

それでは、最大バー数の設定方法を解説していきます。

まずは、MT4/MT5を起動しましょう。

「ツール」内の「オプション」をクリック

XMのヒストリカルデータ12

画面上部の「ツール」をクリックし、その中の「オプション」をクリックします。

「ヒストリー内最大バー数」を最大値に設定

ここでは、MT4とMT5で表示が少し異なります。

オプション画面が表示されたら、「チャート」をクリックし、その下部にある「ヒストリー内の最大バー数」を最大値に設定します。

MT4の場合は「2147483647」を入力、MT5の場合は「Unlimited」を選択しましょう。

MT4の画面

XMのヒストリカルデータ3

MT5の画面

XMのヒストリカルデータ13

これでヒストリカルデータ取得前の準備は完了です。

それでは、ここからヒストリカルデータを入手していきましょう。

XMでヒストリカルデータを取得する方法

XMヒストリカルデータの取得方法
XMではMT4とMT5の両方の取引ツールの利用ができます。

そこで、MT4とMT5とでヒストリカルデータの取得方法が少々異なるので、それぞれ解説していきます。

MT4でヒストリカルデータを取得

まずは、MT4を起動しましょう。

「ツール」内の「ヒストリーセンター」をクリック

XMのヒストリカルデータ1

起動したら、上部の「ツール」をクリックし、その中の「ヒストリーセンター」をクリックします。

銘柄と時間足の選択

XMのヒストリカルデータ2

ヒストリーセンターで、データを入手したい「銘柄」「時間足」をクリックすると、データが表示されます。

ヒストリカルデータをダウンロード

XMのヒストリカルデータ14

銘柄と時間足を選んだら、下部にある「ダウンロード」をクリックしましょう。

するとダウンロードアラート画面が表示されるので、「OK」をクリックします。

XMのヒストリカルデータ4

ダウンロードできたか確認する

きちんとダウンロードできたか確認する必要があります。

再び「ツール」内の「ヒストリーセンター」をクリックしましょう。

すると、「データベース・レコード」が0から増えているはずです。

XMのヒストリカルデータ5

きちんと増えていればダウンロードで成功した証拠になります。

これでMT4におけるヒストリカルデータの取得は完了です。

MT5でヒストリカルデータを取得

まず、MT5を起動しましょう。

「表示」内の「銘柄」をクリック

XMのヒストリカルデータ10

MT5を起動したら、画面上部の「表示」をクリックし、その中の「銘柄」をクリックしましょう。

銘柄・時間足・期間を選択

XMのヒストリカルデータ11

銘柄ウィンドウ内の「チャートバー」をクリックし、その中で「銘柄・時間足・期間」を設定しましょう。

ヒストリカルデータをダウンロード

XMのヒストリカルデータ19

「銘柄・時間足・期間」を設定したら、「情報呼出」をクリックすると上記のように表示されます。

下部の「OK」をクリックすれば、ダウンロード完了です。

XMのヒストリカルデータ18

既存のヒストリカルデータの削除方法

既存のヒストリカルデータ削除方法
新たなヒストリカルデータを入手するためには、既存のヒストリカルデータの削除が必要です。

そこで、ここではヒストリカルデータを削除する方法を紹介していきます。

開いているチャートを削除

XMのヒストリカルデータ6

チャートが開いたままでは既存のデータを消しても、再度チャートを開くことで自動的に復元されてしまいます。

そこで、開いているチャートを完全に削除するために、画面右上の×ボタンをクリックしましょう。

「ファイル」内の「データフォルダ」をクリック

XMのヒストリカルデータ7

チャートを削除したら、画面上部の「ファイル」をクリックし、その中の「データフォルダ」をクリックしましょう。

ヒストリカルデータを削除

XMのヒストリカルデータ17

まず、表示されたフォルダ内の「history」をクリックします。

次に、「XMTrading○○」をクリックしましょう。○○には、DEMOやREALなど口座タイプが入ります。

XMのヒストリカルデータ8

フォルダ内にある入手したい通貨ペアの「○○.hst」のファイルを削除しましょう。

XMのヒストリカルデータ9

これでヒストリカルデータの削除は完了です。

ヒストリカルデータを有効活用しよう

ヒストリカルデータを活用しよう
XMでは、誰でもヒストリカルデータをMT4/MT5から入手することができます。

少し手間はかかりますが、トレンド分析やEAのバックテストにとって重要なデータなので、上手く活用できるようにしましょう。

XMの自動売買については別途まとめてあるので、コチラを参考にしてください。

XMで自動売買(EA)をしたいなら押さえるべき10の知識

まだ、迷っていますか??

あなたはFX口座に何を求めますか??

もしあなたが優秀な取引環境を求めるなら、XMで始めるべきです。888倍のレバレッジとゼロカットシステム、金融ライセンスと顧客資金管理においてXMの右にでる海外FX会社はありません。

まずは口座開設ボーナス3000円で、XMの取引環境を体感して下さい。

入金不要・無料で取引できます。

100万人以上の日本人が登録する、最大手FXブローカーXMではじめましょう。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

TwitterでXMや海外FXの最新情報を受け取ろう

XMが選ばれる3つの理由
XMの評判について
評判が良い
XMの評判・口コミは良く、9年の運営歴、金融ライセンスなどの安全性に対する評価はダントツです。
XMのボーナス
ボーナスが豪華
3000円の口座開設ボーナスや100%入金ボーナス等の制度が充実!!少額でも問題なく投資できます。
888倍のレバレッジ
XMの一番の特徴は最大888倍のレバレッジ。海外FX会社の中でも破格のレバレッジを提供しています。