雇用統計等の経済指標時を狙った指標トレードは、国内外問わず人気なトレードスタイルですよね。

レートが激しく動く事から、FX会社の中には禁止している所まであります。

ただ、XMは経済指標トレードを禁止していません。

私自身も何度かトレードしていますが、問題なくトレードはできましたよ。

XMの経済指標トレードについての考察と、カレンダーの使い方についてご紹介していきます。

それでは見ていきましょう。

XMでは経済指標トレードは禁止されていない

XMで経済指標トレードは禁止ではない

XMでは、経済指標発表時のトレードを禁止していません。

利用規約にも一切書かれていませんし、念のためサポートに問い合わせましたがOKとのこと。

経済指標時のトレードは禁止していませんが、一部の両建て・アービトラージ・窓埋めトレード等の禁止されてる事がいくつかあります。

XMの禁止事項については以下の記事を参考にしてくださいね。

XMの禁止事項を分かりやすく解説!これさえ守れば問題なしです

ここからは、XMで経済指標トレードする上で欠かせない経済指標カレンダーについて見ていきます。

XM経済指標カレンダーの使い方

XMの経済指標カレンダーについて

経済指標カレンダーとの使い方について解説いたします。

まず、経済指標カレンダーとはどんなものなのかご紹介いたしましょう。

経済指標カレンダーとは

経済指標カレンダーとは、指標する上で欠かせない経済指標を知る事ができるカレンダーの事。

どの国の、どんな経済指標が、何時に発表されて、重要度はどのくらいか?が一目でわかります。

前回結果・予想・実際の結果もいち早く更新してあるので、かなり便利ですよね。

指標トレードをしない人でも、経済指標発表を知らないままトレードする事は危険です。

知らない内に経済指標が発表されて、価格が大暴落したりしますからね。

経済指標カレンダーの見方

つづいて、経済指標カレンダーの見方をご紹介いたします。

XM公式サイトにアクセスしたら、「FXを学ぶ」→「経済指標カレンダー」の順にクリックしてください。経済指標カレンダーが見れます。

XM取引の画像

ちなみにAdblock(アドブロック)等の拡張機能を入れていると、経済指標カレンダーが見れません。解除すると見れるようになりますよ。

試しに、今日の経済指標トレードも見てみるといいでしょう。

その数に驚かされるはずです。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

続いては実際に経済指標トレードをする場合に気を付けて頂きたい事を3つ紹介します。

指標トレードで気を付ける事

経済指標トレードの注意点

指標トレードで損をしないための基本的な注意点は以下の3点。

経済指標トレード
  • スリッページがある
  • スプレッドは広がる
  • 強制ロスカットされやすい

全て大切な事ですので、対処法と一緒に確認しておいてください。

スリッページがある

サポートセンターの人も言っていたように、経済指標時にはスリッページ(注文が滑る事)やリクオート(約定拒否)が起きやすいです。

これらは市場の流動性が高まり価格が一定しない事で引き起こされる現象であり、どのFX会社でもおきます。

しかし、相場の急変に対応するために成行注文(手動)を行うしかありませんよね。

XMは比較的約定率・約定スピードが高いFX会社です。

それでも、雇用統計時などは注文が滑ったり約定しない事がよくあります。

対処法は許容スリッページ設定する事。

許容スリッページの設定方法については、以下のページを参考にするといいでしょう。

XMのスリッページがひどい?許容スリッページ幅の設定方法も解説

スプレッドは広がる

経済指標時のトレードは、スプレッドがかなり広がります。

これはXMに限ったことではなく、国内外全てのFX会社で起きる現象です。

経済指標の発表内容によって通貨の価値が急変動するので、スプレッドが広がってしまうのです。

むしろ、XMはスプレッドの広がりが狭い方でしょう。

スプレッドに関しては以下記事にまとめているので、ぜひご覧ください。

XMのスプレッドは広すぎ?TitanFXとAxioryと全通貨ペア徹底比較!!

強制ロスカットされやすい

レートの急変化とスプレッドの急拡大は、証拠金の増減に影響を及ぼします。

含み益が急に増える事もありますし、含み損が急に増える事だってありますよね。

少額をハイレバレッジで運用している人にとって証拠金の増減は命取り。証拠金維持率には目を向けておきましょう。

証拠金維持率とレバレッジの関係については、下記記事にまとめています。

トレード前に一読しておくと参考になるかと。

XMの必要証拠金・維持率の計算方法・ロスカット水準を完全理解!

では、最後にXMで経済指標トレードをやる方法について見ていきましょう。

XMで経済指標トレードのやり方

経済指標トレードの解説書

経済指標トレードで肝になるのは、「経済指標の結果と予想」「それまでの相場状況」です。

今回は一番わかりやすい米雇用統計時のドル円を使った指標トレードを想定してみましょう。

米雇用統計とは

アメリカの経済状況を表す重要な経済指標です。

発表内容は、以下の通り。

米雇用統計内容
  • 毎月第一金曜日15:30に発表
  • 日本時間では22:30(4~10月は21:30)発表
  • 発表項目は全部で10項目
  • 「非農業部門雇用者数」と「失業率」が最重要

数字が良ければドルがあがるという訳ではなく、発表前の予想との乖離で相場は動きます。

失業率の予想が3.7%で、結果が3.6%ならば予想より良い結果という事で相場は上昇します。

失業率の予想が3.5%で、結果が3.6%ならば予想より悪い結果という事で相場は下落します。

それでは、米雇用統計の中でもとりわけ重要視されている「非農業部門雇用者数」と「失業率」について説明していきます。

1.非農業部門雇用者数

農業部門以外の仕事に就いている就業者の数です。

数値が良ければ相場にポジティブな影響を与え、数値が悪ければ相場にネガティブな影響を与えます。

2.失業率

失業者数の割合の数です。

非農業部門雇用者数とは反対に、数値が低ければ低いほど良いです。失業者数が減っているという事ですからね。

非農業部門雇用者数と失業率がともに悪い数字であればドル円は下落する傾向にあります。

非農業部門雇用者数と失業率がともに良い数字であればドル円は上昇する傾向にあります。

雇用統計の結果と相場の動きの例

イメージを掴んでいただくために2019年1月~10月の雇用統計を見てみましょう。

例)2019年3月8日

非農業部門雇用者数 失業率
予想 18 3.90%
結果 2 3.80%
相場 下落

3月8日の発表では、失業率は予想よりも良い結果がでました。

ただ非農業部門雇用者数が予想の18万人に対して、2万人と大誤算。期待を裏切る下方修正ですね。

その結果、ドル円は大暴落しました。

例)2019年6月7日

非農業部門雇用者数 失業率
予想 17.5 3.60%
結果 7.5 3.60%
相場 下落

6月の雇用統計は、失業率は予想通り、非農業部門雇用者数は予想の半分以下でした。

予想より悪い結果がでたので、ドル円は暴落。

例)2019年9月6日

非農業部門雇用者数 失業率
予想 16 3.70%
結果 13 3.70%
相場 下落

最後の9月の相場ですが、失業率は予想通りでした。

非農業部門雇用者数が予想を下回る結果で、相場は下落。

3つの雇用統計を紹介してきましたが、雇用統計等の情報は経済指標カレンダーでいつでも見れます。

是非見てみて下さいね。

では最後にまとめておきましょう。

XMの経済指標トレードをしよう

経済指標トレードをしよう

XMには、経済指標トレードをする環境がすべてそろっています。

XMのトレード環境
  • 最大レバレッジ888倍
  • 経済指標トレードを許可している
  • 万が一マイナスになってもゼロカットで追証なし
  • 経済指標カレンダーで逐一チェック

現在、口座開設で3000円ボーナス実施中です。

3000円だけ獲得して、ハイレバレッジをかけた経済指標トレードをしてみてもいいでしょう。

気になる方は公式サイトをチェックしてくださいね。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

まだ、迷っていますか??

あなたはFX口座に何を求めますか??

もしあなたが優秀な取引環境を求めるなら、XMで始めるべきです。888倍のレバレッジとゼロカットシステム、金融ライセンスと顧客資金管理においてXMの右にでる海外FX会社はありません。

まずは口座開設ボーナス3000円で、XMの取引環境を体感して下さい。

入金不要・無料で取引できます。

100万人以上の日本人が登録する、最大手FXブローカーXMではじめましょう。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

TwitterでXMや海外FXの最新情報を受け取ろう

XMが選ばれる3つの理由
XMの評判について
評判が良い
XMの評判・口コミは良く、9年の運営歴、金融ライセンスなどの安全性に対する評価はダントツです。
XMのボーナス
ボーナスが豪華
3000円の口座開設ボーナスや100%入金ボーナス等の制度が充実!!少額でも問題なく投資できます。
888倍のレバレッジ
XMの一番の特徴は最大888倍のレバレッジ。海外FX会社の中でも破格のレバレッジを提供しています。